忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国会においてはテロ対策特別措置法の延長問題が論議されている。
民主党の反対で自民党は新たに「給油新法」を作り、インド洋での海上自衛隊による給油活動を継続させようとしている。だが、民主党の小沢党首は給油活動では無くアフガニスタンで活動するISAFに自衛隊が参加する事を望んでいる。
つまり給油活動か、アフガニスタンでの活動かの焦点になりつつある。

では、給油活動とアフガンでの活動はどう違うか。
給油活動はインド洋でのテロリストを援助する武器や資金源の麻薬などを海路で運ばれるを防ぐ「海上阻止行動」の支援活動である。海上で補給できる事で阻止活動を行うアメリカなどの艦艇の行動を助けているのだ。
アフガニスタンでの活動、ISAF(国際治安支援部隊)はアフガニスタンの復興支援と治安維持を行っている。現在では37カ国3万5000人以上がISAFに参加している。

さて、国会での問題を見てみよう。
(給油活動)
・給油した燃料がアフガニスタンだけでは無く、イラク攻撃に参加した艦艇にも給油された事で「アフガン作戦支援」の前提が崩れているとされている。
・作戦を行う艦艇に給油する事から憲法で禁じている集団的自衛権の問題に触れる可能性。
(ISAFの参加)
・ISAFが有志連合の国々の軍が参加している為に集団的自衛権の行使が行われる可能性。
(例えば、目の前でドイツ軍がゲリラに攻撃されたら自衛隊は救援すべく行動するか、どうかの問題)
・戦闘が予想される地域での自衛隊の活動に日本の法体系が整っていない事。
(自衛隊は部隊行動基準の改定や自衛隊法の改正で海外派遣での根拠と武器使用が明確になっているが、政治的な「自衛隊の海外派遣の根拠」が無い)

大まかに書くとこうである。給油活動の問題点を現在ではイラク攻撃転用や給油された量が隠蔽されていたなどの問題が取り上げられている。
給油活動反対の第一人者である小沢代表は「給油活動は憲法違反」としている。給油も作戦行動と一体化しているから「集団的自衛権」の問題に抵触するとしている。ISAFは国連決議での活動であるから憲法違反にあたらないとしている。
果たしてそうなのだろうか?
給油活動にしろ、ISAFにしろ出てくる憲法問題。日本の軍事や安全保障は第9条しか明記されていないが、それをそのまま読むと2項の「陸海空軍その他の戦力を保持しない」で自衛隊の存在すら違憲である。違憲の組織が何をしてもそれは違憲なのではないだろうか?(自衛隊の存在を否定する訳では無いが、日本の安全保障には必要だし、国会論争になるから憲法改正で矛盾を解消して欲しいと思う)
小沢代表の発言を聞くと何故にISAFに参加するのかよく分からない。「アフガンには民生支援が必要」と語っていたが、現在のアフガンでは犠牲者を覚悟して行かねばならぬ所である。これを「これからの日本は国際貢献で流血を覚悟する必要がある」という事なのだろうか?それとも民主党を与党にする為の政争の手段としてIASF参加を発言しているのか、よく見えないものである。
先週金曜日に放送された日本テレビの「太田光の私が総理大臣になったら・・・」で石破防衛大臣はインド洋での給油活動を「中東からの石油を日本に運ぶ航路の保全の為でもある」と発言している。今までのテロ撲滅の協力の為と言うのがインド洋派遣の論拠であったが、この発言は日本にとっての有益さをよく表すものだった。
国際社会での役割・日米同盟での役割・日本にとっての有益さ。この3つを見た場合、やはりインド洋での給油活動が最善だと思える。
外洋でのテロ攻撃はほとんど無いし、給油でのアメリカやパキスタンからの評価。石油輸送ルートの確保と、安全性と国益に適しているからだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]