忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月31日より防衛省のサイトで来年度防衛予算の要求が掲載されていた。
この中では装備品に関して目玉と言える部分があった。
http://www.mod.go.jp/j/library/archives/yosan/2010/yosan_gaiyou.pdf
(防衛省 平成22年度概算要求の概要)
まず1-4「海上交通の安全確保」のページに「ひゅうが」級と同じ護衛艦(新DDH。ヘリ搭載護衛艦)を見た。
だがよく見ると「ひゅうが」級よりも大きく全長248メートル。基準排水量は19500トンとなっている。何よりも車輌50両に人員4000人を搭載できる輸送艦としての能力が大きな目玉と言える。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009083101127
(時事ドットコム:最大の空母型護衛艦配備方針)
海自の輸送艦としては初めてヘリの運用が出来る能力を持つ揚陸艦なのだ。
スマトラ島での活動で輸送艦「しもきた」が陸自のCH-47大型輸送ヘリを運用していたが、航空機の運用を初めから取り入れたものではなかった。
だが、この新DDHで14機ものヘリ(大型ヘリも運用するそうだ)の基地
でもあり揚陸作業も出来る将来有望な戦力となるのである。
さて、新DDHは4000人が運べるという。これは陸上自衛隊の1個旅団(4000人)が人員では多くを運べる事になる。これで島嶼防衛など有事でまとまった部隊を「おおすみ」級輸送艦と合わせて(他に必要な車輌や物資を乗せて)運べる事となる。
揚陸艇を搭載するかどうかは概算要求や報道の記事では分からないが新DDHはエア・クッション揚陸艇は3隻搭載できそうな大きさではある。

ここで各国の揚陸艦の排水量と乗員に搭載人員を記す。
フランスの「ミストラル」級(基準排水量16500t)では乗員160人・搭載人員450人。
韓国の「独島」級(基準排水量14300t)では乗員700人・搭載人員700人。
アメリカの「ワスプ」級(満排水量40000t)では乗員1100人・人員(海兵隊)189人。
イギリスの「オーシャン」級(満排水量22500t)乗員485人・搭載人員784人。
基準排水量で「ミストラル」と「独島」を抜く大型艦である新DDH。
特に輸送人員が桁違いであり、実際の計画でどの程度修正されるか注目でもある。

アメリカの強襲揚陸艦に似たような新DDHだが、これはフランスの「ミストラル」級をモデルに作られるのではないだろうか。概算要求にある新DDHの仕様を見ると「多様な事態に有効に対処するための作戦指揮区画、多目的区画、指揮通信能力とあるから「ひゅうが」と同じく司令部機能が作られるのである。
揚陸艦でもありヘリ空母でもあり司令部でもある。任務も部隊の揚陸作戦
に災害派遣など多目的にになる。まさに「ミストラル」級に付けられた
「多目的艦」として新DDHは建造されるのではないかと思われる。
個人的には新DDH建造と共に水陸両用作戦が出来る海兵隊のような部隊を
陸自か海自で創設して欲しいものでもある。
これに関しては1-5「島嶼部における各種事態への対応」に九州と南西
諸島で陸海空自衛隊協同の島嶼防衛を想定した訓練を計画しているから、
これからの展開に期待したい。

Ⅷ「合理化・効率化への取り組み」で装備品の集中配備に新戦車TKXを4ヵ年の予算を集中して58両調達するとある。
58両は4個戦車中隊が組める数だ。この初めて出た新戦車の具体的な配備数にどの部隊で運用されるか気になるところだ。
新戦車は北海道以南でもの運用を計画して作られたものであるから北部方面隊は考え難い。
まずは教育部隊に置かれる。富士教導団の戦車教導隊に1個中隊に第1教育隊の第1機甲教育隊に1個中隊分(陸曹・陸士教育中隊で中隊分の新戦車を分けるかもしれない)
一般部隊へは西方重視で九州の第4師団と第8師団の戦車大隊に1個中隊づつ74式戦車と交代するかもしれない。
または第13旅団や第14旅団の戦車隊(中隊規模)を新戦車に改編するかもしれないし、2個中隊編成となった第1師団と第3師団の戦車大隊を丸ごと新戦車に替えるのかもしれない。
演習場の事を考えると東富士演習場が使える第1戦車大隊の可能性もあるし日出生台演習場の使える第4または第8戦車大隊も可能性が大きい。

しかし、これらはまだ要求の中身であり今回新たに発足する民主党・国民新党・社民党の連合政権で全ての要求が承諾されるとは思えない。
新DDHも新戦車も危ういと思える。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
22DDHはホントでかいね。
ひゅうが級もヘリの運用能力はもちろん、スペース的な余裕とか
多目的区画とかが有用だって記事を見たけど、
22DDHはさらにそれを推し進めた便利な艦になりそうで楽しみだ。
そういや、早速中国の方からなんか言って来てるけど、これは予想通りだし。
ただこれを民主党政権が真に受けないといいんだけどね・・・

TKXもさすがに白紙にされることは無いと思うけど、
調達が遅れて凄い勢いで旧式化してる74式を使い続ける
ハメになるのはさすがに勘弁して欲しい。
インパルス 2009/09/03(Thu)05:23:07 編集
無題
>調達が遅れて凄い勢いで旧式化してる74式を使い>続ける
>ハメになるのはさすがに勘弁して欲しい。

この点は民主党のマニフェストで機甲師団の廃止なんてのが書かれているから90式戦車に入れ替わる可能性もあるかもしれない。その分74式を減らしてマニフェストの戦車の削減を達成するかもしれんけど

そういや、今回の概算要求で機動戦闘車の予算が見当たらなかったような気がする。それが気になる。
葛城マサカズ 2009/09/06(Sun)23:16:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]