忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日。インド洋でテロ特措法による給油活動に参加していた護衛艦「あけぼの」が呉に帰港した。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909020005.html
(中国新聞:インド洋で任務 護衛艦帰港)

先月の16日にはソマリア沖へ第1陣として派遣されていた護衛艦「さみだれ」と「さざなみ」も任務を終えて帰港している。
遠方での任務に出動していた呉基地を母港とする護衛艦は全て無事に帰った事となる。
それぞれの護衛艦の乗員に特警隊の隊員と海保の隊員の皆様お疲れ様。そしておかえりなさい。
PR
8月31日より防衛省のサイトで来年度防衛予算の要求が掲載されていた。
この中では装備品に関して目玉と言える部分があった。
http://www.mod.go.jp/j/library/archives/yosan/2010/yosan_gaiyou.pdf
(防衛省 平成22年度概算要求の概要)
まず1-4「海上交通の安全確保」のページに「ひゅうが」級と同じ護衛艦(新DDH。ヘリ搭載護衛艦)を見た。
だがよく見ると「ひゅうが」級よりも大きく全長248メートル。基準排水量は19500トンとなっている。何よりも車輌50両に人員4000人を搭載できる輸送艦としての能力が大きな目玉と言える。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009083101127
(時事ドットコム:最大の空母型護衛艦配備方針)
海自の輸送艦としては初めてヘリの運用が出来る能力を持つ揚陸艦なのだ。
スマトラ島での活動で輸送艦「しもきた」が陸自のCH-47大型輸送ヘリを運用していたが、航空機の運用を初めから取り入れたものではなかった。
だが、この新DDHで14機ものヘリ(大型ヘリも運用するそうだ)の基地
でもあり揚陸作業も出来る将来有望な戦力となるのである。
さて、新DDHは4000人が運べるという。これは陸上自衛隊の1個旅団(4000人)が人員では多くを運べる事になる。これで島嶼防衛など有事でまとまった部隊を「おおすみ」級輸送艦と合わせて(他に必要な車輌や物資を乗せて)運べる事となる。
揚陸艇を搭載するかどうかは概算要求や報道の記事では分からないが新DDHはエア・クッション揚陸艇は3隻搭載できそうな大きさではある。

ここで各国の揚陸艦の排水量と乗員に搭載人員を記す。
フランスの「ミストラル」級(基準排水量16500t)では乗員160人・搭載人員450人。
韓国の「独島」級(基準排水量14300t)では乗員700人・搭載人員700人。
アメリカの「ワスプ」級(満排水量40000t)では乗員1100人・人員(海兵隊)189人。
イギリスの「オーシャン」級(満排水量22500t)乗員485人・搭載人員784人。
基準排水量で「ミストラル」と「独島」を抜く大型艦である新DDH。
特に輸送人員が桁違いであり、実際の計画でどの程度修正されるか注目でもある。

アメリカの強襲揚陸艦に似たような新DDHだが、これはフランスの「ミストラル」級をモデルに作られるのではないだろうか。概算要求にある新DDHの仕様を見ると「多様な事態に有効に対処するための作戦指揮区画、多目的区画、指揮通信能力とあるから「ひゅうが」と同じく司令部機能が作られるのである。
揚陸艦でもありヘリ空母でもあり司令部でもある。任務も部隊の揚陸作戦
に災害派遣など多目的にになる。まさに「ミストラル」級に付けられた
「多目的艦」として新DDHは建造されるのではないかと思われる。
個人的には新DDH建造と共に水陸両用作戦が出来る海兵隊のような部隊を
陸自か海自で創設して欲しいものでもある。
これに関しては1-5「島嶼部における各種事態への対応」に九州と南西
諸島で陸海空自衛隊協同の島嶼防衛を想定した訓練を計画しているから、
これからの展開に期待したい。

Ⅷ「合理化・効率化への取り組み」で装備品の集中配備に新戦車TKXを4ヵ年の予算を集中して58両調達するとある。
58両は4個戦車中隊が組める数だ。この初めて出た新戦車の具体的な配備数にどの部隊で運用されるか気になるところだ。
新戦車は北海道以南でもの運用を計画して作られたものであるから北部方面隊は考え難い。
まずは教育部隊に置かれる。富士教導団の戦車教導隊に1個中隊に第1教育隊の第1機甲教育隊に1個中隊分(陸曹・陸士教育中隊で中隊分の新戦車を分けるかもしれない)
一般部隊へは西方重視で九州の第4師団と第8師団の戦車大隊に1個中隊づつ74式戦車と交代するかもしれない。
または第13旅団や第14旅団の戦車隊(中隊規模)を新戦車に改編するかもしれないし、2個中隊編成となった第1師団と第3師団の戦車大隊を丸ごと新戦車に替えるのかもしれない。
演習場の事を考えると東富士演習場が使える第1戦車大隊の可能性もあるし日出生台演習場の使える第4または第8戦車大隊も可能性が大きい。

しかし、これらはまだ要求の中身であり今回新たに発足する民主党・国民新党・社民党の連合政権で全ての要求が承諾されるとは思えない。
新DDHも新戦車も危ういと思える。
和歌山県太地町でのイルカ漁が外国より文句を付けられてオーストラリアのブルーム市が姉妹都市提携を解消したいとまでやられる事態になっている。

はっきり言えば女優まで引っ張って来て太地町を荒らした迷惑集団は偽善では無く独善でしかない。
イルカを食うなと言うなら牛や豚に鶏に魚類も食わないのだろうか?イルカは可愛いけど牛や豚は食うために殺してもOKという事であるならまさに独善でしかない。
太地の漁師達が利益追求にしか頭に無くてイルカを絶滅させかねない程の乱獲をしているならともかく、ただ漁をしているならあそこまで太地の人々を悪人に仕立てた映画は名誉毀損以外の何ものでもない。(その映画に賞を与えた連中も同罪だ)
太地を荒らした連中はあのシーシェパードと関係しているようだ。だとするならば、北極海で厳しい対応をしなかったからとうとう日本国内に入り一般人を困らせる事になったと言える。
(もしもイルカ漁全面禁止になったら収入の減少と職を失う災厄を太地の人々は被るのだ)
今度の調査捕鯨船にはソマリア派遣と同じ装備と人員に海賊対処法を適用させての護衛艦一隻を護衛に付けて行くべきだ。
シーシェパードが接近したら警告の後にちゃんと発砲して態度を示すのだ。奴らは船を体当たりさせたり、捕鯨船へ乗り込みや危険物を投げ込むのも平気でするのだから。
今度こそ日本はシーシェパードに実力行使をすべきだ。

金曜のTBS「総力報道THE NEWS」で太地の町議会の三原議長は「自分達の価値観と文化を押し付けるのはやめてほしい」と毅然とした態度で語る姿は感動をした。
今日は第45回衆議院選挙の投票日だ。
ちなみに選挙区は広島5区である。
この選挙で民主党政権になるのでは危ぶまれるものであるが、今日投票したのはその民主党の三谷光男氏に投票した。
ネットで調べた情報だと民主党が提案する外国人参政権には慎重な考えであり「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」に属するまさに頑張って欲しい保守系議員の姿であるので票を入れた。
比例では自民党と入れた。

民主党に関しては党の旗が無いからと我が国の国旗を破って仕立てるという正気を疑う事をしたが、党の中には頑張って欲しい人も居る。それは自民党も同じで、最近は党では無く個人で見ないとより良い投票にはならないと思える今日この頃。

オマケ
投票に行くと言うのを上手く表現したタイのCM
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7952698
昨年に続いて学習研究社の歴史群像大賞に向けて原稿を書いていたが
今日までまとまらないし、まとめたとしても中途半端になるので今年の投稿は諦める事にした・・・
休みとか結構あったのに有効に使えなかったなあ・・・
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]