忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



金曜日に会社帰りに見に行きました。
見る前はネットの感想が分かれていて「どうなのかなあ」と不安ではありましたが共通した感想に「空戦や戦闘機のシーンは凄く良い」との事で見るのを決意。
戦闘機を大画面で見る為にと思ってましたが。これがなかなか面白かった。作品全体に満足。
ここからはネタバレな事も書いて進めて行きます。


内容は戦争がショーとなった世界。そのショーとなった戦争を演じる為に戦闘機などの戦力を持つ企業同士が連日戦っている世界が舞台となっている。
そんな世界であるからか国家や民族・イデオロギーとかを論じる事は余りなく(水素が戦争について論じるくらいだ)これがあまり固い雰囲気にはさせていない。戦闘機が激しい空中戦を展開する作品ではあるが淡々としたドラマで進んでいきます。この部分で飽きを感じる方もいるかもしれませんが俺としては飽きは無く見続けられました。なんとなくARIAなど穏やかな展開が好きなせいもあるかも知れないが。
この淡々としたドラマの流れが戦うキルドレ達の日常を表すには合う演出だったと言える。
また、押井作品と考えると難解さは(パト2や紅い眼鏡とか見たものですが)無いものでしたね。押井監督の言葉を代弁するようなキャラの長台詞は水素が1回するぐらいで他は無い。むしろ恋愛作品としての押井作品に新鮮みすら感じたものです。

さて、キャラクターだが土岐野尚史が一番気に入ったなあ。あんな感じの良いお兄さんは憧れるものだ。だが、何よりも軍人お姉さん草薙水素とコールガールのフーコが年上の女性好きな俺にはグッと来るものがありましたね~。水素はキツイ感じですが段々と見せる子供っぽくもなり弱い姿がなんとも可愛く見えるものです(けど銃を握ったままで情事をするのは危険だぞw)見方によってはヘタレキャラになりそうな性格でもあるような。そこが完全では無い可愛さですかね(後半では本当に精神的に疲れているが)
それに時々眼鏡をかける場面がありなんともツボを突くものだ。
フーコは最初の引きの場面では「男?」と思ったが色っぽいお姉さんなのですよ。中性的な感じなのですが凛としていて低い声もまたセクシーだ。どちらかと言うとフーコが俺の中ではスカイクロラでは一番好きな女性キャラですね。
また、声優陣では過去に押井作品に出ていた方もチラホラ。笹倉永久を演じた榊原良子さんはパトレイバーシリーズの南雲しのぶやイノセンスの検死官。今回の笹倉役は肝っ玉母さんぶりがなかなか良かった。
クスミ役の兵藤まこさんはパトレイバーシリーズの進士の奥さん。それにドライブインのマスターが竹中直人(劇場版パトレイバー2の荒川茂樹)。これは気づかなかったw
役者で言うと今回の水素や主人公の函南優一などを俳優や女優が演じている。水素役の菊池凜子さんの演技は声優の声に親しみがある方には苦手かもしれないが水素の性格を考えるとぴったりだと思える。他の谷原さんや加瀬さんも良い演技だった。特にずば抜けているのは三ツ矢碧役の栗山千明さんだろう。アニメの声優としてやっていけるぐらい演技が上手い。

さて、スカイクロラに出てきた機体達を見ると主役メカの散香は旧海軍の「震電」がモデル。これが空もとい画面を縦横無尽に飛び回る。また撃墜された直後の散香の場面ではプロペラと機体が離れるようになってるのもこれは「震電」で脱出するパイロットの安全の為に行われた仕掛けと同じだ。ドイツ空軍のJu188にそっくりな泉流にサンマみたいな早退の染赤と第2次大戦時をモデルにしたレプシロ戦闘機はどれも味があってカッコイイ。それにロストック社の重爆撃機の描写も特に銃座の動くシーンは高々度だと実感できる場面で背景としてもメカとしても味がある。この作品だと第2次世界大戦の航空機が好きな人ならニヤリとする事は間違いないだろう。

川井憲次氏の音楽もメインテーマがしんみりと心に響く良い曲でした。全体として激しい曲は無く出撃シーンも重厚さはあっても華々しさは無い。逆にそれがスカイクロラの世界に馴染んでなかなか良い。この曲にも現れる華々しくない戦争というのが自然と描かれていて(俺の気持ちに反発無くという意味で)悲壮では無くそれが日常である事を演出できているのだ。戦争=非日常では無くキルドレ達の戦争が当たり前の日常という概念を音楽が物語る。(優一の「これが仕事ですから」の軽い台詞もある意味そうだろう)

スカイクロラを総括すると面白い。静かに展開する作品を好きな方にはお勧めできる作品だ。(戦闘機好きは勿論)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
スカイクロラにつられて来ましたが、
このブログめっちゃきれいですね。
ko-kel-per 2011/03/22(Tue)16:48:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
草薙水素、キルドレの司令官
キルドレのパイロットとして戦闘を生き延び司令官となった草薙水素は特別な存在だ。初めて自分自身でキルドレの存在意義を疑問に思ったキルドレかもしれない。
URL 2008/08/13(Wed)16:09:00
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]