忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月1日にいきなり辞任した福田康夫総理大臣。
テレビで速報が入った時には驚いた。「何で今なんだ?」と感じた。
先月に内閣改造をやったばかりで続投するんだと思った矢先の辞任だ。正直意味が分からない。
夜の9時30分から各局中継(あのテレ東でさえ中継!w)始まった福田総理の辞任会見はますます
違和感を感じた。
会見に現れた福田総理はまだ気力は萎えていない様子なのだ。前代の安倍晋三は精神的な病になったようで表情も口調も力が無かった。
だが、福田はそうでは無かった。はきはきとしたいつも通りのしゃべり。けれどもよく表情を見ればなにか鬱憤がありそうに見えた。それは町村官房長官も同じように見えた。
「誰かに総理の座を降りるように言われたのでは?」
と変に勘ぐってしまう。
それほど不自然な辞任なのだ。今回は。
内閣改造から1ヶ月も経たずもあるが、福田康夫の父親は第67代総理大臣の福田赳夫である。
福田赳夫の内閣は昭和51年12月から昭和53年12月まで2年間続いている。対して福田康夫の内閣は昨年9月26日からスタートしたが、1年経たず幕を下ろす事になった。
国会議員一家の息子である福田康夫にとっては父親に及ばす退陣は不本意ではなかろうかと思ってしまう。
また、この退陣を衆議院選挙に備えたものとも見れる。辞任した日には民主党の党首が小沢一郎に決まって政権獲得をほのめかす。
これに自民党の誰かが支持率の低い福田を下ろして新たな総理もとい自民党党首で選挙を戦おうと考えて辞任させられたのでは?と勘ぐってしまうが小沢以外が党首になる可能性は低く、民主党の代表選挙も小沢だけが出馬で決まった。
こうなると小沢党首決定で辞任を即座に決定とは思い難い。辞任するなら洞爺湖サミット終了後か北京五輪開会式参加後に辞任すべきだろうと思うのだが。
まあ、色々書いたけど真実は闇の中だ。
福田内閣だと中国の毒入り冷凍餃子問題に東シナ海ガス田問題も中国に配慮して日本に利益無しで終わった感がある。
けれども公務員制度改革の第一歩とも言える内閣人事庁創設の計画はかなり評価出来る。
まさか、これを恐れた官僚達が・・・・まさかねえ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]