忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今日の午前に横須賀の米軍基地に空母「ジョージ・ワシントン」(CVN-73)が入港した。
これにより、アメリカ第7艦隊の空母が退役する「キティ・ホーク」から「ジョージ・ワシントン」に代わり、その空母打撃群が中核戦力となる。
この「ジョージ・ワシントン」は日本に配備される初の原子力空母である。これで反対の運動が起こっている。
これを見て思うのだが、原子力艦がダメなら日本から予算を出して通常動力の空母をアメリカに作らせれば良いのか?と思う。
だが、抗議する人の意見は「原子力空母は来るな!」の一辺倒で対案が無い。
けれども反対する意見も分からないでもない。
7月には日本に寄港した事がある米原潜「ヒューストン」から2年も微量の放射能を含んだ冷却水が漏れていた事が定期点検で判明し、アメリカ海軍から「ヒューストン」が寄港した関係国に通告した。
また、5月には「ジョージ・ワシントン」で火災が発生。80区画に被害が出て15組の消防チームが5時間かけて消火した。
この火災の原因は乗組員の違法な喫煙(喫煙が許可されて無い区画で吸った為)と可燃物の貯蔵(冷却用のコンプレッサーのオイルが90ガロンも不適切な場所に置いてあった)であるとされる。
この火災は火災当時の艦長であるディビット・ダイコフ大佐をして「今回の火災は私が経験した艦内火災として最悪のものだった」と言わしめた。
この火災の責任でダイコフ艦長と副長も解任された。その後任はJ・R・ヘイリー大佐が着任した。
2つの事件は最近の米兵関連事件でナーバスになっている日本の市民団体を更に刺激する事となった。
自分もだが米軍のモラル低下は大きな不安材料だ。この先、モラルの低下で起きた事故か事件が日本に災いをもたらす可能性も無くは無い。これは米軍の自助努力に期待するしか無いが・・・。
火災で「ジョージ・ワシントン」と「キティ・ホーク」のスケジュールは大きく変わった。「ジョージ・ワシントン」は火災での損傷を修理すべく8月下旬まで修理し、横須賀入港が今日まで延びた。これに伴って「キティ・ホーク」が「ジョージ・ワシントン」に代わってリムパック演習に参加。
また、「「ロナルド・レーガン」空母打撃群が空母の無い東アジアの空白を埋める為に西太平洋に派遣された。
一部の乗員が起こした火災が修理費7000万ドル以上の乱れをアメリカ海軍に及ばした。
とはいえ、この空母が日本や東アジアの安全保障に欠かせない力になっている事は確かだ。
あの空母に代わる軍事力を日本が持たない限りは横須賀が米空母の母港であり続けるだろう。

参考資料
「軍事研究」2008年9月号と10月号の石川巌氏の記事
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]