忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK843092920090407
(ロイター 米国防総省が10年度予算計画を発表)

6日にアメリカのゲーツ国防長官は2010年度の国防予算計画を発表した。それは全体的に縮小したもので兵器調達に新型爆撃機や艦艇の計画中止が述べられ、その中にF22の新たな購入計画が無い事が発表された。

これにより日本ではFX(時期主力戦闘機)の候補からF22が脱落したとネット上や論評では言われている。
アメリカの購入計画だから日本がお金を出せば買えるのではないかと思われるかもしれないが、F22が新しい時代の戦闘機である第5世代戦闘機である事を考えればお金だけでアメリカが購入を認める戦闘機では無い。
整備や修理を日本の空自がする訳だからF22の機密を一部日本に解禁する必要がある。かといって空自のF22飛行隊を在日米軍基地に置いてパイロットだけは自衛官。整備と修理は米空軍の将兵という複雑で実の無い運用では有事では混乱を招くだけだ。
これを思うにやはりF22はFXの候補から脱落したと思うのが妥当だろう。

残るはF15FX・FA18E/Fスパーホーネット・ユーロファイタータイフーンの3機種となった。
(本来からこの3機種だけな気もするが)
FXが主力戦闘機の選定であるからFA18E/Fは除外であろう。オーストラリアはF35の開発が遅れている事からFA18E/Fを購入する事になったが、冷戦構造がまだ残り軍備の近代化と拡大が行われる東アジアの日本とは置かれた状況が違う。
中国空軍のSu30やJ10に韓国空軍のF15EにF16・ロシア空軍のSu27と第4世代戦闘機を100機~40機を運用する対立要因がある国が隣にある日本にとっては主力戦闘機としてFA18E/Fでは最高速度マッハ1.8(また1.6とも言われる)では力不足である。
となると、残るはF15FXとユーロファイターだが航続距離と最大速度ではF15FX(F15E)の方が上だ。
特に航続距離は対中国の最前線となる先島諸島周辺の空域で活動するには必須と思われる。
また長い運用経験があるF15系統ならば空自では短い期間で慣れる事も出来るだろう。
という訳でFXはやF15FXになるであろうと思われる。

だが、日本も国産で戦闘機開発を進めるべきだろう。神心でも良いが、第4.5世代戦闘機を独自に作るべきだろう。
最大速度マッハ2.5で航続距離は増槽付きで5500km・兵装類機外搭載量9500kg~10000kg・FA18E/FやユーロファイタータイフーンみたいなRCS低減設計(F2支援戦闘機で電波吸収材を導入している)
性能的にはステルス性を高めたF15みたいな戦闘機だ。
けど、エンジンが問題だな・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]