忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

護衛艦「しらね」

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/today/news/20080104k0000m010085000c.html

昨年12月14日に戦闘指揮所(CIC)から出火した護衛艦「しらね」が除籍される事が決まった。
理由としては200億円の修理費用よりも2年かかる修理の時間が大きな理由だ。
「しらね」は1980年に竣工して現在27年以上も現役で居た古い艦である。その「しらね」に残された耐用年数は5年。2年間修理しても3年しか活動できない。これでは200億円をかけてまで修理する合理性は無いと判断したからだろう。
個人的には2基の砲塔を持つ姿が格好良くて好きなので5年早い除籍は悲しいものである。

「しらね」は「はるな」級と似た艦の姿だが、新型艦を作るよりも「はるな」級の改良発展型として様々な新装備と技術が詰め込まれた。
「しらね」級は海自護衛艦として初のコンピューター処理の可能なシステム艦であり、今の「リンク11」や「リンク16」による戦術データリンクの祖であった。また、2番艦「くらま」からCIWS20ミリ機関砲(ファランクス)を護衛艦で初めて搭載した。またシースパローを最初から搭載する設計も初めてだった。他にも新型のレーダーやソナーの搭載がなされた。
「しらね」級は今の護衛艦のシステムを作り上げた大きな意義のある艦であったのだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ババァ萌え
◇    防衛省:火災の「しらね」除籍-修理なら2年200億円(毎日新聞)  旧海軍以来の歴史と伝統を持つ護衛艦「しらね」が、ついに除籍さ...
URL 2008/01/09(Wed)02:56:05
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]