忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日。地元のニュースでストッキ・アルベルトさんについて特集をしていた。
なんとストッキさんはバイクで全国を行脚して「終身刑」制定の運動をしているのだ。
ニュースの特集では3度目の全国行脚だった。何故にここまでするのか?
その契機となったのがストッキさんの自宅を放火されて妻と12歳の娘を失った事からだ。
犯人は竹山祐二(37歳)で、ストッキさん宅以外も放火を繰り返していたという。放火の目的が金銭目当ての窃盗と、うさ晴らしだという。ストッキさんの家族は犯人のうさ晴らしで殺されてしまったのだ・・・。
この事件の裁判では無期懲役の判決が下った。過去にも放火で服役していてまた再犯した上に2人も殺して無期懲役。
日本での無期懲役は「期限が無い懲役」で死刑に次ぐ刑だとされるが、10年で仮釈放される事もある(平均では25年で仮釈放)死刑に次ぐ刑としては軽いと思われるものだ。
日本の刑法では、殺人罪だと(刑法第二十六章殺人罪)199条(殺人)で死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。202条(自殺関与および同意殺人)で7年以下の懲役となる。この日本の刑法に照らすなら10年以上の懲役は重いものだとなるが、遺族の感情は治まらない。
刑期を終えて悔い改めて生活する人もいるものの、ストッキさんの事件の様に出所してからの再犯で悲劇に遭うケースを考えると終身刑も必要だと考える。
つい、先日判決が来年に決まった光市母子殺害事件の差し戻し審で遺族の本村洋さんは「死刑が日本の最高刑であるからそれを求める」と記者会見で語ったと記憶する。遺族からすれば犯人に対する唯一の報われる手段が刑が科される事である。死刑で無くても起こした犯罪を後悔させる大きな刑を遺族は求めているのだ。その答えとしてストッキさんは「終身刑」を提案しているのだ。
ストッキさんの案では仮釈放無しのものである。つまり、終身刑判決を受けた被告は残る生涯を刑務所で過ごすのだ。
終身刑を導入しているアメリカの場合は、恩赦でしか釈放できないのと、完全に釈放無しの2つのタイプがある。これは死刑制度を廃止した州が終身刑を最高刑にしているケースでもある。
日本での終身刑の制定は導入するべきだと思う。現在では凶悪犯罪が起きて裁判になるごとに死刑の是非が問われている。これは犯罪者とはいえ、命を絶つという人権問題が絡むからだ。この容易に決着をみない死刑制度の存続か廃止かの論議よりも、この「終身刑」を採用する方が良い。

http://www.geocities.jp/syomeiundou/syomei.html
(日本に終身刑を)
http://www14.atwiki.jp/akiramenai/pages/34.html
(ジャーナリスト宣言@Wiki)
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=106574
(紀伊民放より田辺市長に終身刑制定の協力を求めるストッキさん)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]