忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008020502085280.html
(中日新聞)

2月3日から広島県と島根県の県境にある恐羅漢山にあるスキー場でスキー客とスキー場の従業員合わせて7人が遭難した。
今日5日の捜索で7人全員が無事発見された。
この捜索では広島県知事の要請で陸上自衛隊第13旅団から災害派遣で人員とヘリが恐羅漢山に向かい5日から捜索に参加した。
ニュース映像では白いスキー板とストックを装備した自衛隊員が捜索に行く模様が映っていた。
またニュース映像を見ると、トラックの幌に付けられた「災害派遣」の幟の下に書かれた部隊名と駐屯地を見ると「広島県海田市駐屯地」と見えた。捜索はその駐屯地にある第46普通科連隊で行われたものと考えられる。
同じくニュース映像ではOH6観測ヘリが恐羅漢山上空を飛行し、遭難者の病院搬送をUH1汎用ヘリで搬送する映像もあり旅団所属の第13飛行隊も参加していた事が分かる。
これだけ見ても大規模な自衛隊の出動だ。だが、防衛省のサイトにあるこの恐羅漢山出動での情報を見ると想像以上に大規模な部隊の動員があったのだ。
http://www.mod.go.jp/j/news/2008/02/05.html
(防衛省・自衛隊)
島根県の偵察隊と対戦車中隊。鳥取県の普通科連隊など第13旅団所属部隊は分かるものの第10戦車大隊と第14普通科連隊が参加している事に驚いた。
どれも愛知県名古屋市に司令部がある第10師団所属の部隊だ。管轄地域で言えば同じ中部方面隊だが、師団・旅団の警備地区だと兵庫県伊丹市に司令部がある第3師団の警備地区が中国地方と隣接している。
何故に遠くからこの2つの部隊が参加していたのか不思議なものである。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]