忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここで艦隊や位置関係について説明しておこう



(↑自作のとても簡単に描いた地図。上がアフリカのある南。下がイタリアやシチリア島のある北である)
こちらは3つの艦隊。(C)戦艦5隻のイタリア艦隊Ⅰ。(A)巡洋艦5隻からなるイタリア艦隊Ⅱ。(B)軽巡洋艦3隻からなるレーダーの艦隊がある。
イギリスの輸送艦隊を求めて地中海を南へと航行していた。


イタリア艦隊Ⅱ
「そろそろ敵の制空圏内だから引き返えすか※1」



「おい、何言ってるんだ!これだからイタ公はなっとらん!俺がお前らの背後から砲と魚雷で援護してやるから南に行け!」


「ドイツ人なのにロシア人の真似をしてやがる」


「何か言ったか?ああ、背後からの援護が必要なんだな?魚雷1発いっとく?」



「畜生・・・いつか殺してやる・・・」

レーダーの脅しでイタリア艦隊Ⅱは南へ向かう。
イギリス軍雷撃機ソードフィッシュ
「お、敵艦隊発見!タリホー!」



「ぎゃああ!!だから行きたくなかったのに・・・」


「心配するな俺の艦隊も空襲を受けとる」

イタリア空軍はマルタ島の空戦に忙殺されて南へ進む艦隊の援護が出来ず英軍の雷撃機の為すがままにされていた。


「敵は空襲で混乱しておるぞ。潰してしまえ!」


「げ!」
「げ!」

空襲で混乱するイタリア艦隊Ⅱとレーダー艦隊にイギリス艦隊が襲い掛かる。


「腰抜けのイタリア人なんぞ恐るるに足らず!」



「マズイ。これは非常にマズイな。本当に援護してやらんと・・・。全艦突撃!」



「来い、ドイツ人!少しは私を楽しませてみろ!」

とうとうイギリス艦隊と接触したイタリア艦隊。しかし序盤は不利な局面。レーダーはコーネリアに挑んで
活路を見出せるのだろうか?


※1 空母を最後まで持てなかった第2次世界大戦のイタリア海軍は上空の援護を空軍に任せていた。しかし連携は上手く行っておらず満足な空からの援護を受けられない事がイタリア海軍の行動を非積極的にさせた要因の一つとなった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
やばい、やばいよ!イタリア艦隊~終わるよ('(゚∀゚∩

最後の※字が勉強になっていいね。ワクテカ。
リリンこと孫策 URL 2007/07/05(Thu)13:54:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]