忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1936年(昭和11年)2月26日。陸軍の青年将校率いる1400名の部隊(多くが第一師団の歩兵第一連隊と歩兵第三連隊)が決起した。
昭和恐慌による低迷した日本を天皇中心の国家として再建しようと掲げたかれらは、岡田啓介首相・鈴木貫太郎侍従長・高橋是清大蔵大臣・斉藤実内大臣・牧野伸顕前内大臣・渡辺錠太郎陸軍教育総監の自宅や宿泊先を襲撃して殺害した。(岡田と牧野は脱出に成功。鈴木は重症を負いながらも生き延びる)
これらの人物は「天皇の側にいる害を為す人物」として狙われたのである。また、渡辺の殺害は教育総監の職を青年将校達から支持されていた真崎甚三郎から奪った人物を思われて怨恨のものであった。
要人暗殺に次いで、警視庁・首相官邸・陸軍省を占領。霞ヶ関と永田町・三宅坂は反乱軍に制圧された。
これで青年将校達は事は大方終わったものと思ったに違いない。
後は、彼らが慕う真崎甚三郎(当時は軍事参議官)に頼った。
事件発生直後の陸軍大臣官邸に来た真崎に反乱軍の中心人物である磯部浅一が
「閣下、統帥権干犯の賊類を討つために決起しました」
と言うと。真崎は
「とうとうやったか、お前達の心はヨオ分かっとる。ヨオ分かっとる。宜しきように取りはからうから」
と言った。として226事件を語る中では有名な場面である。
こうなると、真崎が青年将校と組んでいたと見るか、そうでなくとも行動を歓迎したものとして真崎黒幕説が出ている。
真崎甚三郎は陸軍士官学校校長時代には尊皇絶対主義の教育を行っていた。この時の生徒が、磯部や安藤輝三など226事件の首謀者達であった。
青年将校達は真崎を新たな日本の指導者に据えて、皇道派(陸軍では、尊皇重視の皇道派と政治に影響力を及ぼしてコントロールしようとする統制派で対立していた)によって革命を起こすんのだと考えていたに違いない。
だが、真崎は磯部達が望むように動かなかった。
陸軍大臣官邸に真崎が訪れた時に、その護衛を務めていた田崎末松は著書「評伝 真崎甚三郎」の中で「ヨオ分かっとる」と磯部に言ったのでは無く、「馬鹿者!何ということをやったのか」と怒ったとある。
また、同じ場所に真崎・国崎と同行した金子桂(当時憲兵伍長)も田崎の著書で真崎の一喝に磯部達は戸惑っていたとある。(「別冊歴史読本 未公開写真に見る226事件」より)
後も、27日には反乱軍に原隊復帰を命じる奉勅命令が翌日に出す事が決まると真崎は青年将校達に兵を退くべきだと説得している。
国崎の証言と後の真崎の行動は合致する。やはり真崎は決起自体を歓迎はしてなかったのだ。
多分に彼が望んだのは影響力の強い派閥としての皇道派だったのかもしれない。
また、青年将校達が何よりも敬う天皇はこの事件で「朕が最も信頼せる老臣を悉く倒すは 真綿にて、朕が首を絞むるに等しき行為なり」(「本庄日記」2月26日の条より。カナはひらがなにしてます。)と彼れの行動に憤りを感じていた。
国民は決起に同情する者が多く、陸海軍でも上下で同情する者も少なくなかった。だが青年将校達を引っ張るような人物は無く、何よりも天皇が「朕自ら近衛師団を率いて鎮圧する」と行って断固鎮圧を決定した事が大きかった。
これで軍は鎮圧へと意思統一したのだ。
もはや自ら政府を立てる力も無し、頼る者も無く2月29日にはラジオとビラ撒きで「勅命下る」での説得が行われて青年将校達は部隊を原隊に戻す事を決めた。
2万3000名以上の鎮圧部隊に囲まれながら反乱軍の部隊は粛々と原隊へと向かう。中には昭和維新の歌を合唱しながらの部隊もあった。
こうして、日本最大のクーデターは終わった。
青年将校達は、野中四郎と河野寿(陸軍飛行学校学生)が自決。磯部・安藤ら16人の将校は軍法会議で死刑判決を受けて銃殺された。民間人の活動家北一輝も理論的首謀者と言う理由で西田税と共に死刑判決を受ける。他の将校や下士官も無期禁固から懲役1年6ヶ月の判決を受けた。
かくて、昭和維新は潰えた。だが、あのクーデターで彼らの望む展開になったとしても後の激動をどう乗り越えられる日本になるだろうか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]