忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春は新たな事と終わりの時期が重なる時期である。
今年は、陸上自衛隊で幾つかの動きがあった。

http://www.bnn-s.com/news/08/03/080326172437.html
(北海道ニュース。陸上自衛隊第11師団。旅団へ改編)

冷戦終結による状勢の変化で陸上自衛隊は平成の大改編として各部隊の再編成が行われた。13個師団の内、4個師団を旅団に改編する最後の番として北海道の第11師団が3月26日に旅団となった。
(沖縄の第1混成団の旅団化が終われば陸自の主な部改編は終わる)
旅団化のトップバッターとなった第13旅団と比べると第11師団の改編は火力機動力の衰えが無くて良いモノになると思える。
第11旅団は第18普通科に96式装輪装甲車を全中隊に配備されていて(連隊全員が乗れるか疑問だが)特科隊も今や古くなりつつあるが75式自走155mm榴弾砲を装備している。機動力(残る2つの普通科連隊を除くと)と火力では第13旅団よりも上を行く装備だ。また、第5旅団も各普通科連隊の1個中隊に96式を配備し、特科も75式。だが戦車隊は90式戦車を装備と、北部方面隊での旅団化は装備の充実を見るものである。対して第13旅団は戦車は74式戦車の1個中隊。特科は牽引式のFH70115mm榴弾砲で、普通科にはようやく軽装甲機動車が配備された。
この装備の落差には演習場や車輌の移動という問題がある為であると言える。だが、装輪式の96式ぐらいは全国の普通科連隊に欲しいものである。
ここまで装備について書いたが、編成では旅団となっても普通科は連隊である。定員が1000人から600人に変わってもである。これは1個大隊に相当する規模なのだが連隊として名称を残すのは幹部自衛官のポストの問題であろうか?地元の第13旅団の観閲式での紹介を聞くと中隊の指揮官が三等陸佐(少佐に相当)なのである。中隊であるならば中尉に相当する二等陸尉か大尉に当たる一等陸尉が指揮すべきなのだが、中隊に次いで大隊が無い陸自普通科連隊では、中隊基幹で諸兵科連合の部隊を組む事もあるから指揮統制の上で三佐が置かれているようだ。だがそれでも普通科連隊を実状に合わせて大隊と名を変えると今度は一佐陸佐のポストをどうするかの問題が起きるのでは?と勘ぐってしまう。(大隊長は三佐や中佐に相当する二等陸佐)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080326/plc0803260936001-n1.htm
(産経ニュース。中央即応連隊編成完結)
去年発足した中央即応集団の新たな部隊として編成された中央即応連隊。この連隊は有事の際には増援部隊として最初に投入される部隊であり、海外派遣でも先遣隊の役割を果たす緊急展開部隊の性格を持つ部隊である。
装備には軽装甲機動車に、本土の普通科連隊(普通科教導連隊を除く)では初めての96式装輪装甲車が装備された装甲車を備えた強力な部隊と言える。
また、機動力では連隊が駐屯する宇都宮駐屯地の近くにはヘリの基地がある北宇都宮駐屯地があり有事の際には同じ中央即応集団所属の第1ヘリコプター団で輸送できる。
(その第一ヘリコプター団も再編されてUH60ヘリを配備した。これは特殊作戦群用を視野に入れての事だろうか?)
憶測で言えば、中央即応連隊は装甲車を装備した機械化部隊でもあるが空中機動部隊の性格を持つ部隊だろうか。海外派遣を視野をも視野に入れた玉虫色の部隊とも見れるが「実戦をかなり意識した部隊」になる事は間違いないだろう。
こう見ると、中央即応集団はヘリや輸送機での空からの移動を大きな視野に入れた実戦部隊が多い。ここで海兵隊の性格を持つ水陸両用部隊も欲しいものだ。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00130023.html
(FNNニュース。60式自走無反動砲引退へ)
とうとう自衛隊国産兵器の最古参である60式自走無反動砲の最後の車輌が引退した。
60式は1960年に採用された兵器で、低い車体に2門の無反動砲と言う独特のスタイルをした対戦車車輌である。
記念品となった実物を見るとそれはもう小さく、軽自動車より少し大きい車体だが腰よりやや上までの高さしか無いこの戦闘車両に3人も乗り込むのだから驚くものだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]