忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイコンデロガ巡洋艦

 

「敵機4機接近!7時方向2機。10時方向1機、2時方向2機!」

空母「アクア」の艦隊に属する巡洋艦「サン・ミケーレ」のCICでは迫る敵機の状況をオペレーターが次々と報告する。それを艦長は黙って聞いている。この艦長。ネオ・ヴェネチアでは郵便局で働いていた人物で、「長老」と呼ばれた男であった。「長老」の威厳はそのまま艦長の威厳としてこの場にあった。

「対空戦闘!5インチ砲、VSL射撃用意!」

「サン・ミケーレ」の砲雷長を勤めるのはアトラ。ネオ・ヴェネチアではウンディーネを目指していた少女であったが、今では巡洋艦の火力を管理し、指揮する立場になっていた。

「艦長。スタンダードミサイルで一度に撃墜します」

「うむ」

アトラは「サン・ミケーレ」のイージスシステムが1度に12の目標に対処出来る事から5機全てを照準して一気に決着を着ける気で居た。

「攻撃諸元入力完了!」

オペレーターの報告にアトラはCICの大型のスクリーンを見据える。もしもあの敵機がハープーンミサイルを搭載しているなら既に発射しているだろう。(射程124km)だが、敵機は空母「アクア」より100km以内の距離に入っている。敵のミサイルはエグゾセであろう。だが、それでもエグゾセは最大射程72km。「サン・ミケーレ」が搭載するスタンダードミサイルSM2は射程70km。有効射程を考えればほぼ互角のタイミングでミサイルを撃つ事になる。

(けど、ここは艦隊。他の艦のミサイルをも潜って来れるかしら)

計算の中で緊張と余裕が混ざった感情でアトラは決断する。

「VLS開放!撃て!」

「サン・ミケーレ」の前後にあるVLSからスタンダードミサイルが煙を盛大に吐いて発射する。彼我の距離は70km。マッハで飛行する敵機の速さを読んでの事だ。
他の駆逐艦やフリゲート艦もスタンダードミサイルを発射してジャギュアを攻撃する。

「10時方向の敵機を『カスッテロ』が撃墜!」

「7時方向の敵機1機を撃墜!」

スクリーンにはミサイルの表示がジャギュアを表す表示と重なると消えて。それによって撃墜されたと分かる。アトラには見慣れたものだが、戦場らしくないとも思える場面だ。艦の外では自分の指示で放たれたスタンダードミサイルが誘導されながらジャギュアに向かう。ジャギアは必死にチャフやフレアを撒き散らしてミサイルを回避するが、次々に迫るミサイルに捕まり、爆砕する。そんな光景が展開されているが、CICでは想像するしかない。そしてその光景を生まなければこちらが敵のミサイルの餌食になる。知性を持ち、高い技術を駆使しても弱肉強食に変わりは無いとアトラは思えた。

「2時方向の敵機。『リアルト』1機撃墜!」

着々と続報が入る報告。しかし、アトラは気を揉む。

(残るは2機。しぶとい)

7時方向と2時方向の敵機が1機づつがスタンダードミサイルを潜り抜けて艦隊に迫る。

「シースパロー射撃用意!それとCIWSも!」

アトラは迫るジャギュアに近接戦闘を覚悟した。


生き残ったジャギアは海上を低空で空母「アクア」目がけて進む。まずは、眼前の城壁とも言える艦隊外周の駆逐艦やフリゲイト艦を越えねばならない。

「突き進む!」

別方向から1機づつ向かうジャギュアのパイロットの士気は高かった。ここまでの障害をなんとか越えて来たのだ。刺し違えてでも「アクア」にエグゾセを叩き込むのだと。
駆逐艦やフリゲイト艦は食い止めようと槍衾のごとくシースパローミサイルを放つ。しかし、残るチャフを全て使いミサイルの網から逃れる。だが、2時方向から迫るジャギュアはそこでシースパローの餌食となってしまった。

とうとう残った1機は駆逐艦「カスッテロ」の上空を飛び越え、そこからエグゾセミサイル2発を発射した。
そこでジャギアの運が尽きた。フリゲイト艦「サン・ポーロ」から放たれた76ミリ砲弾の炸裂を受けて海面に叩き落とされた。

「ミサイル2基「アクア」に接近中!」

「主砲撃て!弾幕で撃墜!」

「サン・ミケーレは艦の前後にあるMk45 127ミリ単装砲の連射でエグゾセを撃墜しようと試みる。

自動装填で砲弾が送られ間髪入れずに放たれる砲弾。そして、エグゾセの進行方向に生まれる砲弾の炸裂の黒い弾幕。これで落ちろとアトラは祈る。

「機関全速!『アクア』と並べ!」

ここまで沈黙していた艦長が唐突に命令を下した。それにアトラや周囲が驚きつつも「サン・ミケーレ」は4基のガスタービンエンジンを唸らせ、8万馬力の足で「アクア」の左舷真横に付けて併走する。

「砲雷長!何としてでも撃ち落とせ!」

「はっ!」

艦長の喝にアトラは気合いを入れ直す。我が「サン・ミケーレ」が「アクア」を守る最後の盾なんだと。

「ミサイル距離300メートルまで接近!」

「CIWS迎撃!」

CIWS20ミリ機関砲ファランクスが起動する。6銃身のガトリング砲がチェンソーに似たけたたましい音を響かせながら毎分3000発~4000発の砲弾を撃つ。文字通りの槍衾な弾幕を艦の全面に展開させる。

「一基残らず撃ち落とせ!」

アトラはアドレナリンが自分の中で弾ける思いを感じつつ主砲とSIWSの迎撃を見守る。エグゾセ1発がCIWSの弾幕に呑まれて炸裂した。

「よし!」

だが、残る1発が弾幕を越えて「アクア」に尚も向かう。

「我が艦を盾にする!割り込め!」

艦長の命令で瞬時に「サン・ミケーレ」は「アクア」とエグゾセの間に割り込む。

「ミサイル命中します!」

「緊急連絡!総員衝撃に備えろ!」

アトラはこれから自分の居るこの艦にミサイルが確実に命中する事で瞬時に冷水を浴びる様な恐怖を感じた。

エグゾセは「サン・ミケーレ」の左舷中央部の上部構造物に命中した。

「左舷上部構造物に命中!」

「火災発生!消火活動中!」

「負傷者多数!衛生科急げ!」

命中した直後から悲鳴の様に被害報告がCICに届く。

(あゆみと杏は…)

アトラは「サン・ミケーレ」に乗る2人の乗員が心配になった。2人ともネオベネチアでは同じシングル同士でトラゲット(渡し船)を漕いでいた仲である。

(無事であれば良いけど)

アトラは心配しつつも次の敵が来た時に備えている他に無い。


一方。そのアトラが心配していた2人。あゆみと杏は火災現場に居た。エグゾセの165kgの高性能火薬の炸裂が、ミサイルの残燃料に引火して火災を引き起こした。この場であゆみは、応急長として消火活動を指揮し、杏は衛生員の1人として火災現場で倒れる兵の応急処置と医務室への搬送をしていた。

「おい!杏!ここにも負傷者だ!」

あゆみが1人の負傷者を発見し、杏が駆け寄る。負傷兵は頭から血を流し、服は破れて擦り傷だらけだ。

「やはり…噂は…本当だ…」

「?」

「喪服の女が…俺に…手招きを…」

そこまで聞いてあゆみは理解した。この艦のジンクスであるサン・ミケーレ島と喪服の女の伝説だ。その女は処刑される前にサン・ミケーレ島で弔って欲しいと願ったが墓地の過密状態で実現しなかった。それから喪服姿の女が現れてはサン・ミケーレ島に連れ行って欲しいと言う。それを叶えると連れて行った本人が神隠しにあってしまうと言う伝説だ。
艦名が艦名だけに乗員の誰もが「この艦は沈むかも」と噂にしていた。

「まさかウチが喪服の女か?冗談じゃない、しっかりしろ!」

あゆみは意識が遠のく負傷兵を叱咤する。

(喪服の女が手招きだって?ウチが応急長で居る限りは沈ませないさっ)

あゆみが喪服女の伝説を振り払っている時に杏が来た。

「もう…俺はダメだ…」

と言う負傷兵に杏は。

「こんなしっかりした身体してるんですよ。そんな弱虫じゃ喪服の女にも嫌われます」

と淡々としながらも励ます。

「頼むぞ」

「あゆみちゃんも頑張って」

巡洋艦「サン・ミケーレ」。火災と闘い、ジンクスに打ち勝つ戦いは始まったばかりであった。

PR
ジャギュア

 

空母「ネオ・ヴェネチア」を中核とする艦隊はラファールの作戦行動の圏内空母「アクア」の艦隊がある事が分かると暁達ラファール戦闘機隊を救援に送った。

「ミラグラトーレリーダーより、サラマンダーリーダー。サラマンダーは敵攻撃機に向かえ、残る敵の護衛戦闘機は任せろ」

暁に命令が下る。ラファール隊の隊長である出雲新太の声だ。暁の兄ではあるが、ここでは指揮官として接している。

(任しとけ兄っ!)

暁は晃と新太の期待を背負っていると感じ高揚する。暁は目を戦術情報が表示される液晶ディスプレイに目を向けた。「アクア」の早期警戒管制機からのデータリンクで映る戦況は新太が敵編隊の戦闘機と交戦を始めた事を表していた。また、敵の編隊の一部がまだ空母「アクア」の艦隊に向かっているのが確認できる。

「あかつきん。今がチャンスなのだ」

僚機の綾小路宇土51世こと、ウッディーが暁に戦況を見ての判断を言った。

「まさしくそうだな!よし、サラマンダー隊攻撃だ!」

暁が率いるサラマンダー小隊のラファール戦闘機4機はM88エンジンの出力を上げて戦闘に挑む。

フェイズドアレイレーダーで敵を探知し、ラファールに装備されたミカ空対空ミサイルの射程まで迫った。

「サラマンダー攻撃!」

自身が待ってましたとばかりに暁は威勢良く攻撃を命じる。4機のラファールからミカミサイルが発射される。ミカミサイルはたちまち数機のジャギュア攻撃機を撃墜した。レーダーに捕捉された事が分かるとジャギュア隊は散開して攻撃をかわそうとする。しかし、主翼にエグゾセ空対艦ミサイルを下げてではマッハ1.8のラファールを振り切るのは困難だ。

「このまま追い回して邪魔してやれ!」

暁はジャギアが攻撃機であるから戦闘機のラファールに敵わないにしても数が多いために艦隊目前で全て撃墜するのは不可能と見て、ジャギュアの進行を邪魔する作戦に出た。ミサイルで撃墜もするが、機関砲でジャギアに回避機動をさせて艦隊に行かせまいとする。

「いいぞ、いいぞこの調子だ」

ラファールがジャギュアを追い回す。そんな圧倒的有利な状況に暁は作戦が成功していると思った。

(さすがオレ様が指揮する小隊だぜ)

なんて、自信過剰な事も思っていたりしたが。

「しまった!あかつきん!ジャギュア4機が艦隊に向かってるのだぁ!」

ウッディーが悲鳴を上げる。サラマンダー小隊の追い回しから逃れた5機のジャギュア攻撃機がバラバラでありながらも空母「アクア」艦隊に向かう。

「くそ!オレ様が行く!」

ジャギュアを逃した事を悔しがる暁。

「ダメだあかつきん!艦隊のミサイルが飛んで来るのだ!」

ウッディーは懸命に止める。

「むう…」

暁は地団駄を踏む思いになった。IFFがあるとはいえ、敵味方がほぼ同一の空域に居ては誤射もあり得る。

87bc6fcf.jpg
 



「こちらティフィーネ待たせたな」

「ロッチャ戦闘!」

援軍のティフィーネ小隊とロッチャ小隊が戦闘空域に到着した。合わせて11機のF14が集まった事で状況は圧倒的優位となった。

「大丈夫?晃ちゃん」

海面近くから上昇した晃のF14にアリシアからの通信が入る。

「おう。1機落としたぞ」

元気な声で晃が答えるとアリシアは「良かった」と安堵の言葉を送る。

「晃ちゃん無理しちゃだめ」

アテナが晃を諭す様に言う。それに晃は「いや~スマン」と返す。この会話を聞くといつも藍華が見てきた三人の姿そのままである。

「敵編隊が離脱に入ったようです」

アリスが報告する。藍華は目の前にあるレーダーで敵編隊の動きを見る。確かに不利を悟った敵F15編隊を示す表示の群れがレーダーのディスプレイの枠目がけて移動している。それで藍華にも離脱しようとしているのが分かった。

(終わった?)

藍華は戦闘の終わりを予感した。

(無事に乗り切れた…)

生死の境を体験し、生を実感する藍華。

(けど、私は何をしたのだろう…)

けれども、生き残れたのは藍華自身の力では無い、晃が全力で敵と戦ったからだ。

(何が何だか分からないにしても私は役立たずじゃない)

藍華は何も出来ない自分をまた攻めた。目覚めたら見たこと無い戦闘機に乗り、機器を操作しろと言われる不条理に遭っても、いつもの仲間達と勝利を喜び合う事が出来ない。それに藍華は言いしれぬ孤独感を持った。

「こちらフロリアン01。艦隊より7時の方向から新たな敵編隊接近中!」

唐突に入る早期警戒機からの通信。これに晃も藍華もアリシア達は勝利と生き残れた余韻から頭を切り換える。

「三大妖精・ティフィーネ・ロッチャはすぐに敵編隊に向かえ!」

空母「アクア」からの指示が来る。

「グリムゾンローズより各機。新たな敵編隊を攻撃する!」

晃はついさっきまでの親しげな声から前線指揮官の厳しい声でアリシアとアテナに命じる。そして速く現場に向かうべく機体を旋回させ、主翼は機体と密着する68度で収まる。

急がねばならない。味方を救う為に。


空母「アクア」からは既に出撃させようとしていたスクアーロ(サメ)小隊4機を急いで発艦させた。そして別の小隊もすぐに発艦させようと飛行甲板は一気に喧騒に包まれる。フライトデッキでは新たな機の移動ルートを確保する為に邪魔になる機体を移動し、格納庫ではエレベーターに向かって出撃する機体と搭載させる兵装を移動させる。それらの作業の為にデッキクルー達や整備員が持ち場を駆ける。

出撃したスクアーロ小隊は「今は俺達が食い止めるしかない」と言う隊長の言で不利ながら戦いを挑んだ。だが、敵編隊のF15戦闘機がスクアーロ小隊を食い止める。

「まずい!敵攻撃機を止められない!」

スクアーロ小隊の隊長は焦りを感じた。敵のF15戦闘機によって食い止めるべき敵の攻撃機の進撃を止められない。

(まずい!間に合わない!)

急行する晃も焦っていた。今の位置では艦隊向けて進む敵編隊の主力に攻撃を加えられない。

(敵はまず、私達を別の方向へ誘い出して艦隊上空を手薄にさせた。そこへ攻撃隊を…単純な陽動作戦じゃないか!)

晃は過ぎた事とはいえ、歯がゆい思いをした。だが、それを晴らすにはまだ距離が遠い。

このままでは敵の攻撃機のミサイル攻撃に艦隊は晒されるだろう。艦隊の防空能力は低くは無いが損害は必ず出てしまうだだろう。

(くっ…・)

手出しが出来ず味方が攻撃を受けているのを見る事になってしまう。それに晃は悔しさを酸素マスクの下に隠した口元を歪ませて表していた。

「こちらサラマンダーこれより戦闘空域に入る!」

そこに明るく自身に満ちた声の通信が入る。

「サラマンダー?・・・暁か!」

晃は通信の主が分かった。

「こちらグリムゾンローズ!サラマンダーリーダー・・・いや、暁!ここは任せたぞ!」

「ぬ、グリムゾンローズ。晃か、オレ様に任しておけ!」

サラマンダー小隊の隊長。それは出雲暁であった。暁は上機嫌で艦隊のピンチを救おうとラファール戦闘機で敵編隊に向かう。

(どうやら、味方の艦隊が来たようだな。これなら助かるか)

晃は援軍の到着に希望を見出した。


F14 11

 F15はチタン合金など軽くて強靱な素材で作られている。その為に自重がF14よりも5~6トンも軽い。追うにしても逃げるにしてもF14では分が悪い。

(まさか。このままじゃ…)

藍華も今の状況が最悪だと分かった。F15から逃れるべく左右の旋回をしている。しかし、F15からすれば、直線距離でミサイルを撃ち込むタイミングを掴めば撃墜出来る好機でもある。これに晃が気づいたのか今度は急降下で逃げに出る。

「あわわわわ~!」

急降下でのGに藍華は悲鳴を上げる。また、F14が海面に向かって一直線に向かっている事を藍華が気づくと恐怖が増した。

「晃さん!このままじゃ落ちちゃう!落ちてしまいますよ!」

悲鳴に近い訴えを晃に向ける藍華。

「黙ってろ藍華!」

晃は喚く藍華を一言で一喝した。これに藍華は黙ったが、海面に激突してしまうのでは無いかと言う恐怖は続く。逆にそれで言葉を失った。

(まさか晃さん戦意喪失?・・・)

背筋が凍る。晃が敵との戦いを絶望して自ら死を選んだのでは?と藍華は考えてしまった。操縦しているのは晃だ。本当に自爆を望んでしまったら脱出装置すら知らない藍華は晃と共に心中する事になってしまう。

(もうダメ!!)

コクピットから見える光景は海の蒼さだけ。藍華は希望を失った。

「よし!」

突然、晃が力強い独り言を言った。藍華が何の事か理解する間を与えず瞬時に晃はF14の機首を一気に上げた。この時。海面スレスレの高度だった。

そこから2基のF110エンジンの出力を上げて急上昇する。その衝撃に海面が波紋を描いて揺れた。

上昇した晃のF14は急降下した時でも追撃するF15が機体を引き起こしている所で狙いを定めた。相手はF14よりも軽く、機動力の高いF15。僅かな隙を逃してはならない。

「貰ったぞ!」

晃は僅かに機体下部を見せるF15にM61A1、20ミリバルカン機関砲の銃撃を浴びせる。それは溜まった鬱憤を晴らす様にF15を機体中央から貫き、銃弾という歯で噛み砕く。そしてF15は生気が失せた様に落下を始める。同時にF15のパイロットは脱出した。

「ふう…」

撃墜を確認した晃から深く短いため息が漏れた。

(え?勝ったの?)

ここに来て藍華はようやく晃が勝った事を知った。
振り返ると、急降下で逃げるF14をF15が追跡。海面間近になってF14が墜落するものと確信してF15は機体を引き起こして空戦空域に戻ろうとした所をチャンスを窺っていた晃のF14が仕留めたのだ。ある意味でチキンレースをして晃は勝利を掴んだのだ。


7ac4ef6c.jpg 






三大妖精の小隊は接近する敵編隊と正面から迎える位置で進む。

「スパローで敵の出鼻を挫く。それからティフィーネとロッチャが来るまで敵を掻き回す」

晃の立てた作戦は中射程のAIM7スパロー空対空ミサイルを敵編隊へ発射。その時に敵がスパロー回避に移った所で小隊は突撃して2個小隊の応援が来るまで敵を混乱させると言うものだ。

「これより戦闘に入る!」

晃の号令で3機の海猫はレーダーに映る敵目がけて2基のターボファンエンジンの唸りをより一層高めて速度を上げる。それは敵を前にした雄叫びにも聞こえる。

「藍華。スパローを発射する。OKか?」

晃の問いに藍華は口を閉ざす。

「おい、藍華?」

晃は心配した声で藍華をまた呼ぶ。

(分からないよ~。スパローて何の事!?)

藍華は目の前の機器を凝視して固まっている。円形のディスプレイには密集した光点が画面の中心に向かっている事しかこのトムキャットの中では分からない。

「藍華!おい、返事をしないか!」

晃の声は焦りに満ちていた。これから戦闘だと言うのに火器管制を担当する相方がショートしたコンピュータみたいに沈黙しているのだ。

「晃ちゃん、どうしたの?」

無線でアリシアが呼びかける。ミサイルを撃つと言いながら撃たない晃と藍華のトムキャットを見て心配になったのだ。

「ミサイル撃たないようだけど故障?」

今度はアテナも無線で尋ねる。しかし、声は戦場にいるとは思えないのんびりした声だ。

「……どうやら電気系統のトラブルでミサイルが発射できないらしい…」

晃の落ち着いたようで何か諦めた様な声だ。

「じゃあ…」とアリシアが言い掛けると晃は続く言葉を遮る形で「スノー・ホワイト。セイレーンはミサイルで援護しろ!」と命じた。

「けど、それじゃ晃ちゃん…」

アテナはのんびりと心配する声も晃には聞き入れられない。

「敵は目の前だ!突撃する!」

晃はアリシアとアテナを振り切るような言葉を言いながらトムキャットを上昇をさせる。

「え?え?」

アテナが晃の突然の事に驚く。

「アテナちゃん。行くわよ」

アリシアは晃の意志は理解したと言う口ぶりでアテナに言った。


晃と藍華のトムキャットは編隊から抜けて上昇し、高度8000の所で水平飛行に移る。

「藍華。聞こえるか?」

晃は藍華に呼びかけるが返事は無い。

「返事は良いから聞け。これからバルカンでのドッグファイトに入る。覚悟しとけ」

晃は藍華に言い聞かせると機体を右へ急旋回し、急降下に入る。

「あわわわわわ!」

急降下で発生したGで藍華の身体は座席のシートに貼り付けられる。それに藍華は声にならない

悲鳴を上げる。

「ミサイル発射!」

「セイレーン命中!」

晃と藍華の耳には火器管制をしている灯里とアリスがミサイルの発射や命中を報告しているのが聞こえる。あの後輩ちゃんアリスも恥ずかしい台詞しか言わない灯里も戦場でやるべき事をこなしている。

(なのに私は~…)

重力に身体を嬲られながら藍華は心の中で自分を激しく罵った。それは藍華の視界に青い空と雲の間で黒煙が伸び、ミサイル命中の閃光がまたたく戦場の光景を見て尚更強く自虐に心は囚われる。

「よし、あいつだ」

晃はそう言うと降下の角度を緩め、今度は左旋回で敵機の背後に回ろうとする。

敵機は後ろを取られまいと旋回して晃から逃れようと進路を変える。晃は逃がさないとばかりに未来位置を予測して旋回を止めてまっすぐに向かう。

敵機は晃の動きを読んで右に旋回する。その時に遠くに見えるおぼろげなシルエットで敵機の正体を確認した。

「F15。これは強敵だな…」

晃は苦笑いをした。

(海猫が鷹を食うか。面白い)

晃はそう考えて気持ちを奮い立たせた。

だが、相変わらずミサイルにロックされまいと考えて急旋回を繰り返すF15に晃は追いつけずにいた。

「ぬぬぬ…」

F15に付き合い同じ進路を取る晃のトムキャット。しかし、翼面荷重が小さくエンジン出力の余裕があるF15は急旋回を行いつつ上昇出来る高い機動性がある。その素早い動きに晃は翻弄されようとしていた。

そこに突然コクピッツトにけたたましい警告音が響く。

「くそ、後ろに付かれたか」

晃のトムキャットの背後に別のF15が味方を助ける為に来たのだ。そのF15の追尾レーダーが晃の機体を捉えている。

「運のいい奴め!」

眼前の獲物を諦めて晃は機を左に急旋回して背後のレーダーから逃れる。だが、今度はそのF15が晃を追う。立場は逆転した。


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]