忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32688220080710
(ロイターよりライス国務長官発言)
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-32661220080709
(ロイターより東京外為市場への影響)

9日にイランの革命防衛隊が演習として中距離弾道ミサイル「シャハブ3」を9発発射した。
これにアメリカを中心にイランへ批判が集中したが、何故にイランは挑発とも言えるミサイル発射をしたのか?
発射の前には米英海軍がペルシャ湾で演習を行っていた。目と鼻の先で行われる敵対国の演習がイランには挑発に見えた可能性はある。だが、大きな引き金はイランのウラン濃縮活動停止で米ロが連携する事を7日にブッツシュが表明した事だろう。
http://office.kyodo.co.jp/feature/toyako_summit/2008/07/post_48.html
(共同通信)
つまり、今回のサミット開幕前に米ロが決めた事に対する抗議がミサイル発射となったのだ。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00136401.html
(FNN 米ゲーツ国防長官MD計画の必要性を再強調)
MD(ミサイル防衛)計画は現在も進行中で、日本ではPAC3ミサイルやSM3ミサイルにガメラレーダーの開発で北朝鮮のミサイルに対抗しているが、アメリカは現在ポーランドに地上配備型の迎撃ミサイル(GBI)、チェコに弾道ミサイル探知用のXバンドレーダーを配備しようとしている。これは明らかにロシアの弾道ミサイルへの対抗でありロシアは難色を示している。
そのMDがイランのミサイルに対抗する為に中東にも広がる可能性が高くなった。今後アメリカとイランの対立が軍事力の誇示でより明確になりそうだ。

http://wiredvision.jp/news/200807/2008071122.html
(イランのミサイル発射写真は合成?)
まさに宣伝戦w
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]