忍者ブログ
架空戦記小説と軍事の記事を中心にしたブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日。呉からソマリア沖に向けて護衛艦「さざなみ」と「さみだれ」が出港した。
これを見に行こうと呉に愛車のダイハツミラで向かう。
行く途中のラジオで呉市内が午前11時~午後3時まで一部で道路の交通規制が行われると聞く。道中の道路情報の掲示板も同じだ。
この交通規制は重要な意味がある。それは総理大臣麻生太郎が激励をする為に呉基地へ来るからだ。
呉市内の中心部は何も異変を感じないが、海自呉地方総監部の正門前には警官二人が立っている。
昭和埠頭から風景も空気も変わる。
歩道を機動隊員が5メートル間隔で立っている。車道の路肩には機動隊の青いバスが停まっている。
コンビニの駐車場にも警察車輌が停まりあっちこっちを警察官が歩き回っている。総理が来るだけあってかなりの厳戒態勢だ。
いつもアレイからすこじま公園に行く時に使うコンビニの裏にある山の駐車場に車を停めようとしたら、そこも警察車輌が多く停まっている。
駐車して良いか不安になりつつも停めるとすぐに警官が来た。
お互いに挨拶をすると穏やかな顔と口調で質問を受けた。
警官「マスコミの方ですか?」
葛城「いえ、違います」
どうやら車を停めてすぐにデジカメを取り出したからのようだ。
警官「今日は式典があるのはご存じで?」
葛城「知らなかったです。出港する護衛艦を見に来たので」
実は総理が来るのを朝食を食いながら見た携帯のニュースで知っていたが式典まであるのは知らなかった。
警官「では、そのカメラは船を撮るんですね?」
葛城「はいそうです」
警官「総理も?・・・・」
この「総理も?」と訊く言葉は鋭い雰囲気を滲ませたものだった。
葛城「いえいえ、船だけですよ」
必死に否定する俺。それで分かって貰えたのか「アレイからすこじま公園でなら見れますよ」と言ってから警官は去った。
それから車を降りて公園に向かう。
ほとんど警官しか居ない。中にはマスクをした公安らしい人が周囲を監視している。
アレイからすこじま公園は潜水艦桟橋の目の前にある。潜水艦が主に見れる所であるが、護衛艦も遠くになるもののなんとか見れる場所である。
しかしこの公園も機動隊員が道路側を向いて警備をしている。
だが公園には別の人達が居た。いわゆる市民団体という方達だ。団体名を書いた赤い旗を立てて潜水隊前のバス停に陣取っている。
それ以外の人は見当たらない。
警官と市民団体だけしかいないなんともギスギスした空間。
どうも居づらさを感じたので出る事にした。
2009 314
(唯一撮影した機動隊員と掃海艇の写真。後で珍しい機動隊や車輌をもう少し撮っておけばよかったと後悔)
出港する2隻の護衛艦を見る事は叶わなかったが、総理が来る時の警備がどんなものか分かった。
にしても警官だらけというのは凄い威圧感のあるものだ。それが秩序を保つ為の抑止力であり必要なものである。
そして今もソマリア沖に向けて航行している「さざなみ」と「さみだれ」の幹部と隊員達に海保の皆さんが無事に帰って来る事を祈る。

PR
最近長らくブログ更新をなまけていたよ。
この頃は前に書いた祖父が亡くなった事や、我が家の台所事情が危ない為の話し合いがあったりとしたけど、現状維持で日々を過ごしています。
会社の方は不況の煽りで3月下旬が長い春休みになるようだ・・・。
ああ春なのに希望が見えにくいものだ。
昨日2月9日で25歳となりました。

と、書いてみたけど何か実感がないもんですねえ。
20代も後半になるんだけど。
今年は誕生日の前に祖父が亡くなり、それの方が大きな事だからかもしれない。
2月5日に88歳の生涯を閉じた祖父もといお爺さん。
地獄のフィリピンのルソン島戦を生き残り、戦後は5人の子供を養う父親として生きたお爺さん。
誕生日と亡くなった日が近いせいか、俺が今生きているまでの繋がりに思いをはせる。
とうとう俺のルーツとなる源は全て(祖母は既に亡くなっている)現世には居なくなってしまった。
冥福を祈ると共にこれから先に自分から何が繋がるだろうかと思う。
2日に友人達と広島市内に行った時にソフマップで「ハーツオブアイアンⅡ」と同シリーズのパワーアップバージョンである「デゥームズデイ」というPCゲームを買った。 http://www.cyberfront.co.jp/title/hoi1/ (株式会社サイバーフロントのサイトにあるゲーム紹介) これは前から欲しかったゲームだ。 内容は第2次世界大戦の頃の世界をシュミレーションゲームだ。プレイヤーはどれかの国を選び1936年~1950年までの激動をどう乗り切るかをプレイするのだ。 選べる国は実在したものがどれでも選べる。日本やドイツにソ連にアメリカといった主な国に、小さいものではスペイン内戦で分裂した国粋派と共和派のどちらかに、中国では割拠する軍閥まで選べるのだ。 買ってから今日までまさに没頭してた。寝る時間も減るぐらい(笑) さて、最初となるプレイで1936年の日本を選んでスタートした。 まず起きた226事件のイベントで「鎮圧」ではなく「彼らの意見を聞いてみる」を選ぶ。 内閣の顔ぶれで首相が林銑十郎になった。 まず最初のミスで、金剛級戦艦4隻を潰してしまう。そして代わりに天城級戦艦4隻を作るが他の生産を圧迫してしまう。 (まあ、戦争するつもりでないから良かったのだが) 廬溝橋事件が起きるが「戦争をする余裕はない」を選んで日中戦争突入を防ぐ。日本の勢力圏である満州や内蒙古に隣接する西安軍閥の土地だけでも頂こうかなという野望も考えたが、すぐに友好度が低い国民党の勢力圏と隣り合わせだから泥沼の戦いになりそうなので欲を引っ込める。 代わりに産業・航空・火砲を中心に技術を上げる。1940年で88ミリ対戦車砲を装備した1941年型歩兵師団に迎撃機で一式戦闘機隼を装備した陸軍に育った。 海軍は天城級戦艦4隻と翔鶴級空母2隻に最上級巡洋艦2隻・朝潮級駆逐艦部隊2個に九六式陸攻部隊2個を作るだけにした。 とはいえ、国家には資源が必要だ。石油に鉄・希少金属。この三種類が日本では採れないので外交により他国から物資と交換で購入する。 ブラジルやペルーにメキシコ・トルコなどは物資との交換で天然資源を受け取れたが、イギリスやフランスにアメリカと言った富める国はどんなに多くの物資との交換を求めても成功率0%と厳しい。 資源獲得が軌道に乗り技術開発も順調になった。生産関連の技術は川崎重工。航空関連は三菱飛行機と中島飛行機。火砲や戦車は東京工廠に日野自動車・三菱自動車。レーダーや海軍技術関連は呉海軍工廠に研究を任せる。特にスキル8の川崎重工と三菱飛行機がサクサクと開発を進めてくれる。 個人の技術者だと山下奉文と畑俊六が空戦ドクトリン。寺内寿一が陸戦ドクトリン。山本五十六に海戦ドクトリンを研究させる。寺内と畑が技術を持っているのはどこか不思議だがスキル6に5なので重宝する。 外交では三国防共協定に三国同盟を結ばす、なるべく英米寄りに路線変更をしたいがドイツ軍がフランスに勝った訳でも無いのにヴィシー政権のフランスが誕生してインドシナを割譲せよ日本が要求するイベントが出る。割譲要求を「しない」という選択肢が無いので「インドシナ割譲を要求する」にした。要求は拒否されたが。 続いてアメリカが日本に石油輸出禁止を行うイベントが発生。どうも欧米と対立するような流れに。 ドイツは史実よりも2日早い1939年8月30日にポーランドに侵攻して併合。だがイギリスとフランスは宣戦布告せず。 イタリアとドイツがギリシャに宣戦布告。ここでギリシャ救援にドイツに宣戦布告するがギリシャが日本軍の通行許可を拒否した為に動けずギリシャが併合されるのを見守る事となってしまう。 結局ドイツとは一戦を交えずに休戦。だがドイツの友好度は-200にはなったが。 中国では国民党が共産党に軍閥を全て倒し満州と内蒙古を除く地域を統一した。少し焦りを感じる。 1941年6月。ドイツがソ連に宣戦布告した。フランス・オランダ・ベルギーとは戦わないまま突入した独ソ戦はドイツ有利に進みレニングラードを9月には占領していた。 1942年2月には中国がソ連に宣戦布告。モンゴルを併合してシベリアへと進軍する。 ますますな焦りもあるが、技術も高まったので日本もソ連に宣戦布告。ウラジオストクなど沿海州を併合した。だが、樺太では2度の攻撃に失敗した。 この時期になると歩兵師団は1941年型。対戦車砲は88ミリ。戦車は四式中戦車が開発を完了していたので対ソ戦の自信があった。 だが技術開発に専念し過ぎたせいか進撃ルート以外の地域は少し手薄になってしまった。そこをソ連軍に攻められて満州の一部が占領されかける。 だが、こちらが沿海州からハバフロスクを攻めるとそのような逆襲は無くなった。またその頃になると中国軍はモンゴル以北の地域を次々と占領していた。つまり日本軍と対峙するソ連軍は孤立していたのだ。 結局中国軍に行く手を阻まれたのでカムチャッカ半島に海軍陸戦隊4個師団で攻めて占領。だが、そこまでだった。 ドイツがソ連に勝利したのだ。ソ連の支配地域は全てドイツに併合されてソ連は消滅した。時に1944年11月の事である。 日本は満州以東及び以北のシベリアに増援と航空支援でようやく陥落した北樺太。カムチャッカ半島が日本の得た領土だ。 ここまでだプレイした内容だ。とりあえずは日中戦争と対米戦を回避したが思いがけない中国国民党の躍進にソ連の滅亡という史実にない流れとなった。 やはり、面白いなこのゲームは。
2009年もとい平成21年という新年明けましておめでとうございます

本年も当ブログを宜しくお願いします
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/22 ko-kel-per]
[01/14 番犬部隊隊長]
[10/07 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
[09/30 葛城マサカズ]
プロフィール
HN:
葛城マサカズ
性別:
男性
自己紹介:
某掲示板では呉護衛艦隊または呉陸戦隊とも名乗る戦車と眼鏡っ娘が好きな物書きモドキ
現在25歳の広島県在住
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]